So-net無料ブログ作成

盲導犬が刺された事件、器物損壊罪ではない、傷害罪だ! [事件]

スポンサーリンク




盲導犬として頑張っているラブラドールレトリバー「オスカー」が襲われた。

何者かにお腹にフォークを突き刺されたのだ。

飼い主は目の不自由な方なので職場に到着して同僚に、
「怪我をしている」
と言わるまで気付かなかった。

オスカーくんは怪我をして痛いのに少しも騒がず、自分を傷つけた相手に対して反撃をする事もなく、飼い主をいつもどおりにきちんと、職場まで誘導したのだ。

目が不自由な方になりかわって、自分の役割を果たそうと懸命に頑張っている動物への虐待、許せない、腹が立つ。

これが人間相手であれば傷害罪になるのだが、オスカーが犬であるということで器物損壊罪にしかならないとテレビでキャスターが話してた。

何ということだ、そんな軽い罰則はおかしい。

早く犯人がつかまってほしい。

罪のない健気な犬を怪我させた、オスカーが受けた同じ痛みを、そいつも受けるべきだ、憎い。

オスカーがかわいそうだ。

そんなことを力説していたら、家人に犬がキライ(私は犬恐怖症)なのに、犬に同情するときもあるんだねと指摘された。

確かに私は犬が苦手な方だ。

そばを通り掛かっただけなのに飛びかかろうとして威嚇的にほえてくる犬が怖くて仕方がない、飼い主が抑えてくれるからいいけど、いなかったらと思うと心底震えが来ます、

どんな小さい犬でも鋭い歯を持ってるし、今にも噛みつかれるのではないかと恐怖をよく感じる。

お化けが怖いという人でも犬は平気らしくしてるのが私には謎です、私はお化けよりも犬が怖い、霊感体質ではないからお化けがいても気づかない、知らぬが仏です。

でも、犬が怖くて苦手だからといって、犬を怪我させたようとか、攻撃を加えようとは全く思いませんもの。

犬は苦手で、極力接触をしないように気を使って生活してますが、

盲導犬が駅や電車にいることもあるから、思いがけなく近くにいたりもしてドキッとはしますが、

犬ながら、大人しく賢そうに飼い主の足元にいるのを見ると、自分の使命を忠実に遂行している姿に尊敬の気持ちでいっぱいになる。

今回の、オスカーに危害を加えた犯人が憎い、早くつかまりますように。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。