So-net無料ブログ作成
検索選択

受験生の母の私、韓国人でなくてよかった。

スポンサーリンク




うちの子は今高校三年生なので、私は受験生の母なのですが、

最近、韓国大学受験の状況をネットで見て、ああ日本人でよかったと胸をなでおろしています。

私が何故こんなことを言っているかというと、
http://www.konest.com/contents/korean_life_detail.html?id=424
を見たからです。

もしかしたらここで取り扱っている大学とは、日本でいう東大のようなトップレベルの大学での受験状況のことで、もっとレベルの下の大学を受ける人たちはこんなに大騒ぎをしないのかもしれないけれども。

11月に日本でいうセンター試験にあたる試験があり
“全ての韓国人にとってスヌン受験日は、将来の人生を決定する一日”とまで言われているほど、人生において大事な1日。この日は、まさに国をあげて受験生をサポートする、ビッグイベントなのである。

なんて書いてあるのですもの。

毎年大学受験というのが行われていて、ですが受験生や家族などには一大事であるのはもちろんですが、

部外者にとってはそんなの蚊帳の外でしかなかった受験が

韓国では国を上げて受験生をサポートするビッグイベントなんて話をきくと、凄く息苦しい、いたたまれない思いがしてきて、

自分も子供も韓国人でなくて本当によかったと心底思いました。

子供の受験日に大学まで押し寄せて校門の外に陣取って涙ながらに子供の合格を祈り続ける母とか、気持ちはわかりますがそんなの人知れず家で祈りゃいいのにって思う。

子供が答案の回答に正解を出せるか心配で心配で涙を流して門の前に立ち尽くしていても、子供のかわりに解いてあげれるわけではないのに。

朝、受験生たちが門を通るときには、先輩の応援に来た後輩たちが歌をうたったり「がんばれ!」とプラカードを掲げたり、チャンゴ(太鼓?)を叩いてお祭り騒ぎをするそうです、

先輩をネタに騒ぐな馬鹿め、そんなどんちゃん騒ぎをするより、来年の自分の受験に備えて自宅で勉学する方が絶対に合格に役立つと何故思わないって、

日本人のかぁちゃんの私は言いたくなります。

時間に遅れそうな受験生にはパトカーやバイクがサービスで乗せてくれるというのも?です。

パトカーはともかく、生身の体をむき出しにして時速40キロ以上の速度で車道に置かせるなんて、

うちのかわいい子供に何かあったらと想像するだけでガタブル体が震えます、無理無理っ。

日本の受験の方がいいです、

子供や、私は校門の外からではなく自宅であなたの合格を祈念します、そして電車で受験大学へ行かせますよ。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。