So-net無料ブログ作成

佐村河内氏、AKB48峯岸みなみ、それぞれの謝罪 [AKB48]

昨日、メッキの剥がれた全聾のベートーベンこと、佐村河内守氏の謝罪が行われました。
大胆な嘘を18年という長い年月継続した、稀に見る詐欺師の謝罪会見に世間の注目が集まりました。

<本当に心から謝ってるの?>

佐村河内氏が会見場に登場した姿は、それまでトレードマークのようにしていた長髪、ヒゲ、黒いサングラス、杖、手につけた包帯だかテーピングのようなもの、それらが全部取り払われていました。
smkss.jpg
以前の面影が全くなくなり驚いてしまいます。
smk300.jpg
謝罪するにあたり、髪を伸ばしているどころではないとの判断で奥さんにカットしていただいたのだとか。

髪を長くし、ヒゲを生やしてたのは、天才作曲家としてのカリスマ性を感じさせる狙いがあったのでしょうね、手の包帯もピアノを弾きすぎて手を痛めたと説明するのに効果的であっただろうしピアノを弾いてみてくださいなどの要望を受けないための工夫でしょうね、よく考えたものです。

それら虚飾を取り去ってしまえば、カリスマ性も神秘性も失った、凡庸な中年男にしか見えませんね。

佐村河内氏は世間の皆さんにご迷惑をかけましたと謝っていました。

しかし、少なくとも私、美波は彼から何の迷惑も受けてはいません。

これらの報道が激しくなるまでは、佐村河内氏その人のことを全く知りませんでしたし、クラシックにも暗いのでゴーストラーター新垣氏に作成させた曲を佐村河内氏本人による作曲と売り出してることも、震災に合った少女と交流してたことも。

それなので関係ないといえばないのですが、人間心理や行動に興味を持つ者の一人として、佐村河内氏や新垣氏の謝罪会見は好奇心をそそらずにはいられません、つまりはミーハーということですね。

だんだんに詳細が明らかになり、とどめとして本人の話をきいてみると、やはり私も世間の皆さんと同じく、佐村河内守という人間に嫌悪感を感じてしまいます。

ゴーストライターにつくらせていたものを自分のものに見せかけ続けたのも大嘘ですが、

それよりも全聾として障害者手帳を交付されて、本人の話では3年前から回復していた(これも真偽は怪しい)という嘘や、障害を持っていることを前面に押し出すことで自身を悲劇に逢いながらも逆境に負けることなく創作活動に励むヒーローのように見せかけることで曲を売り出したことや、

曲の売り出しのために原爆や被災地を利用したことや、

母子家庭で育った子供が震災で母を失った心の傷を自身の売り出しに利用したことは

大罪だと思います。

自分の犯した大罪を本気で悔い、謝罪しようとしてるのならば、どんなに厳しく追求されても、自己弁護せずに頭を下げ続けることしか出来ないはずなのに

新垣氏を名誉毀損で訴えるとか、新垣氏や妻の母を嘘つき呼ばわりする発言など、出せるものではないですし、

記者に逆ギレしていたりと

佐村河内氏の会見中の態度には呆れるばかりです。

彼に騙されてCDの制作や販売に携わった人、CDを購入した人、演奏をした人、広島の人、震災地の人、皆に本気で謝って、真摯に償いをしてほしいものですが、記者会見での態度を見る限りでは反省をしているようには見えませんでした。

涙目になっていましたが、窮地に追い込まれた自分の現況に対して悲しんでいるだけなのではないでしょうか。

謝罪会見を前にして、佐村河内氏は散髪やヒゲを切ったり、サングラスをやめたりと、見た目をクリーンにしました、清潔感を見せることで謝罪の気持ちを持っているということをアピールしようとしたのでしょう。

しかし、以前の髪を長くしてた姿が常人と変わったものであったので、今回の変身は異様な容貌から常人の容貌にシフトしたくらいにしか見えません、やっと普通の感じになったなという程度にしか。

今くらいの姿を、例えば頭を丸めて坊主にすれば、普通の謝罪会見と同じ印象を与えられたと思うのですが、それは嫌だったのでしょうかね?

<アイドルの痛々しい謝罪に心打たれた>

佐村河内氏の謝罪会見を見聞きして、私が反射的に思い出しだのが

ちょうど1年前くらいにあった、AKB48の峯岸みなみの謝罪でした。
mng.png
20歳の少女が19歳の少年とデートして彼の自宅マンションにお泊りをした証拠写真を週刊文春が掲載し、

この特に犯罪でも何でもない出来事が、

峯岸みなみが大規模なアイドルグループの一員であったことや、日頃から応援してくれているファンに動揺を与えたことなどにより、、

彼女は自発的にロングヘアーを剃り落として、坊主頭になり、

今回の佐村河内氏の記者会見のように大勢の記者を前にしてのものではありませんでしたが、

謝罪の声明を発表しました。

無残な坊主姿で、涙を流し震え声で、身を縮めるようにして謝罪の言葉を口にするアイドルの姿は本当にインパクトがありました。

痛々しく可哀そうで、アイドルとしては外れているだろうけど、もう20歳の女性が男性と交際したぐらいのことでどうしてここまで反省をしなければいけないのだろう、怯え震えている少女の表情と声に同情心でいっぱいに私はなりました。

峯岸みなみはAKB48の正規メンバーという立場から研究生に降格処分になりました。

峯岸みなみが謝るべき人とは、AKB48のスタッフや関係者だったり、若くて年頃なのに男性との交際をせずに真面目にアイドル活動をしてる仲間にであり、峯岸みなみのために自分の時間やお金を費やしてるファンに対してであり、謝罪は必要であったのでしょう。

たとえアイドルであっても人間だから恋愛くらいいいんじゃないの、立場上バレたらまずけど、程度にしか思わない私のような者にとっては、ただただ気の毒なだけで、
mineb.jpg
みぃちゃん、頑張ってという気持ちにはなれど、責める気持ちになどひとかけらもなれませんでした。

佐村河内氏と、峯岸みなみ、同じ謝罪といえど与える印象が全然違う、それはどうしてなのだろう、

若くて可愛い娘がばっさりと髪を剃り落とした痛々しい姿での本気の謝罪と、

外見を常人に戻した程度のおじさんが飽食の証のメタボ腹を突き出して謝罪と言いつつ、名誉毀損とか他人のことを嘘つき呼ばわりをする態度のどこに謝罪の心があるのか?

正反対の謝罪のことを比べながらこの記事を書き、

佐村河内氏の問題の今後を考えたり、

かやの外にいつつも世間の事件に好奇心を燃やして生きてます、そんな美和の記事を読んでくださりありがとうございました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。