So-net無料ブログ作成
検索選択

ASUKA(飛鳥)と栩内(とちない)のメール、「Say yes」に持ってたイメージが崩れてく。 [芸能人]

覚醒剤使用で逮捕されたAsuka(飛鳥涼)被告と、栩内(とちない)被告。

ASUKAは覚醒剤使用を自供し、既に保釈金をつんで釈放され入院中。

それに対して愛人の栩内は、初公判でも依然として無罪を主張している。

ここまで口を割ることなく無罪を主張し通せるということは、本当に罪の意識もなく自分は無罪だと固く信じてる、覚醒剤が尿や髪の毛から出てこようが、私はやってない被害者なのよと思っているからなのだろうか?

この公判で明かされた2人の間に交わされたメールの数々。
asukakiji1.jpg

こんなメールをしてたのだと知ると、ASUKAのあの透明感のある美しい歌声や、「Say yes」の一途な恋愛を表現する歌詞で、自然と与えられていたイメージ

ガラガラと音を立てて崩れてく。

50代後半の男性が30代の若い愛人に捨てられまいと必死みたいですもんね、主導権を握られてて別れたくないってすがる60手前の男…。

ASUKAは同年代の妻を裏切って、20歳も下の若い女と不倫をしていたのですね。

奥さんは離婚することなく夫を支えることを選択しているようですが、あのようなメールを愛人と交わして、マンションに通い、札幌に旅行していたという事実を突きつけられても

夫を支えていくのだろうか、もしもそう出来るのならなんという天使のような女性であろうか。

妻との愛を裏切り、愛人や覚醒剤に溺れることに金と時間を費やし続けた身勝手な男。

ASUKAが釈放されたときに、たくさんのファンが集まっていて口々に叫んでいた。

その中で
「ASUKAさま~」
と大声で叫んでいる女性ファンがいた。

ASUKAさまとは、まるで王子さまか何かみたいな呼び方だねと、アレを見ていて話題にしたのですが、

今回の愛人とのメール内容や、不倫の生々しい事実を知らされても、彼女らファンはASUKAへの気持ちを貫けるのでしょうか?それが出来るとしたらファンも天使だと思います。

私には無理です。

ASKA「塩だ」と愛人前では薬物否定



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

小5女児を妻とは…、安心出来ない世の中での子育ては、用心につぐ用心しかしなければいけないの…。 [事件]

倉敷の小学5年の女の子が無事に発見されたこと、本当によかったです。

ご家族の心配と心労と、本人がおちいっている苦境を思うと、いてもたってもいられませんでした。

女の子の無事を祈りつつ、もしかしたら…と最悪の想像が後から後から浮んできて、他人の自分でさえ足元が崩れそうな気持ちになりましたから、

ご家族はその何倍も何十倍も不安であろう、絶望をはらいのけて希望を持とうと必死なのだろうと。

女の子が無事に発見されご家族と再会できたことは本当に喜ばしい。

体が怪我をせず無事であることもよかった、しかし心に負ったであろう傷はすぐにはいえないであろう、あたりまえだけど。

犯人の49歳の男。

容姿のかわいい女の子をつけねらい、誘拐監禁し、自分好みの女の子に調教して18歳になったら結婚したかっとは、あまりの身勝手さは、呆れるばかりだ。

人を何だと思っているのだ。

かぶとむしを捕獲して自分の虫カゴに入れるがごとくに、人間を拉致するとは。

年齢も本来なら分別盛りのはずなのに。

私はこの男と同世代だ。

しかし、何という奴だ。

女にもろくでもないのもいるが、

しかし小学5年の男児を誘拐監禁して自分好みの男に育てて後に結婚しようなんて、女はまずいないだろう。

今回の事件で母親がナンバープレートを記憶していたり、母親や近所の人が車を目撃したりと、犯人逮捕のきっかけがあり本当によかった。

もしも発見逮捕されずに何年も監禁されるという、おぞましいことになっていたらと思うと背筋が凍ってしまう。

それにしても、小学5年の女の子が日がまだ暮れてもいない下校時間でさえ危険な世の中であるとは…。

女の子を持つ親はどうしたらいいのだ?

特に容姿のいい子は狙われる。

この倉敷の女の子の写真はとても可愛い、大人になったら美人になることだろう。

このような非道な犯罪が白昼堂々と行われる今の世の中は、性善説ではなく、性悪説で用心につぐ用心で、先を読み危険をさけるしかないだろう。

この小5女児も子供携帯を持たされていた、子を心配する親の配慮だ。

防犯カメラ増設を増やすということと、携帯以外のもの、子ども本人も気がつかないところにGPSを仕込んでいくとか…。

親の宝、世の宝の、子どもを守るためには、安心せずに用心につぐ用心をしないといけないのだろう、憂鬱だが仕方がない。

男の号泣は武器になるか?

一生懸命言い訳をしていた幼児が追い詰められて逃げ場を失ったあげくに、

「ぼくはぁ、わるくないもぉん」

大口開けて、涙ぼろぼろ、鼻水までか、よだれまでも垂らして、泣き叫んだとする。

これが本当の子ども小学校中学年以下)であったら、大人から見てかわいく感じもしましょう。

しかし、47歳の男性がこれをしたら…。

野々村竜太郎・兵庫県議、こんなのは初めて見ましたよ。

東京博多出張が年に195回で、年に300万円の支出で領収書がなしって…。

温泉地に何度も出張しているのに現地で全然目撃されてない。背広をぱりっと着た政治家が訪れていたら目立って印象に残っていただろうにと現地の人が意見している。

政務活動費とは議員報酬とは別に支給されるものなんですってね。月額50万もって…。

出張に行ったと報告してるのに領収書等も一切出さず、現地でも全然目撃されてないなんて…。

なんでこの人は政治家になったのだろう?

こんなおかしなことをしていたら責められて当然ではないか。

以前、田中真紀子さんが
(一生懸命やったんですけどね」
と涙を流したら、

小泉さんが
「涙は女の武器」
と、昔言ってましたね、ちょっとこの発言には女全体を馬鹿にされたみたいでカチンとしました。

今回の男の号泣は武器になったのだろうか?

私(アラフィフ女)には少しも響かなかった。彼が今の年齢(47歳)より40歳若かったら、かわいくも感じ
「今度からこんなことをしてはダメだよ」
と頭でもなげてあげたくなるだろうけど、

47歳でしょ、甘えないでよ、見苦しいと、そっぽを向くし、税金をこんなにも多額にを不透明な使い方しておいて追求されたら泣き叫ぶなんて何て図々しい奴だとしか、感じない。

私が今気がかりなのは、この人に妻子はいるのだろうか?いたら気の毒だなと思う、だって恥ずかしいですもんん。

親御さんがまだ健在でしたら、育て方の失敗を恥じているのはと思います。

それから兵庫の方々のお気持ちを考えると…。この人に投票した人は自分の票の行く先があの馬鹿馬鹿しい号泣へ届いたかと思うと、何ともやるせないだろうな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。