So-net無料ブログ作成

「こんなの初めて」で男は落とせる?悪女の魅せ方にビビる…。 [事件]

今朝、テレビをつけたら

若い女性が男の落とし方について話をしていて、「容疑者」というテロップが同時に流れていたので、この女は結婚詐欺師かと一瞬勘違いをしてしまいましたが、

例の結婚相手や交際相手を6人も殺しては8億もの遺産を受け取っては、あの怖いおばさんを引き合いに出して、この人が何故結婚相談所で結婚することができたかを説明していたのでした。

筧千佐子(かけいちさこ)という中高年女性が結婚相談所で裕福な老人を、何故にゲット出来たのかについて、

結婚相談所に登録している写真がテレビに出ていて、

これはプロに実物よりかなり綺麗目にとってもらった写真でありました。
akujo.jpg
akujo2.jpg
このおばさんはとんでもない悪女ですが、自分の魅せ方が上手いですね。

カウンセラーの女性も言っていたけど、

胸元に綺麗な飾り(コサージュっていうのかな?)をあしらって明るさを演出し、髪も色艶よく、顔もプロにうまい具合にとってもらって、かなり若く見えているって。

服装も黒のトップスにグレーのパンツと地味目で、お金のかからない地味な女性に見える、そこも贅沢すぎる派手な女性を嫌う向きに好印象を与えるんだって、こやつを選んだおじいさんたちもまさか自分が殺されて大金をとられるとは思いもつかなかったでしょうね。

そして家庭的、料理が上手というのを全面に出して、男心をつかむと。

カウンセラー女性の話を聞いていると、暗澹たる気持ちにになってきました。

おじいさんたち、しっかりしろよと檄を飛ばしたくもなります、料理や掃除など身の回りのことをしてほしいのなら、家政婦さんを雇えばいいのに、金持ちならそのくらい出せるでしょうに。

しかし、おじいさんたちが育った時代は男は台所に入っちゃいけないと言われて、家事などの雑用は女にさせて自分はしなくてよかった時代であるし、前妻がいた場合には奥さんが無料でしてくれたものにお金を払おうという発想がなかったのかもしれませんね、そこが不幸の始まりか。

私はじいさんではなく、既婚者のおばさんですが、もしもこの先独り者のおばあさんになったとしても結婚しようとは全く思いません、

家事は好きじゃないですが、苦手ながらに毎日自分でしているから、他人を家に入れて気を使ってまでしてもらいたくありません、絶対に嫌です。自分でするのが無理になったらヘルバーさんに有料でしてもらいます。

結婚相談所の女性が、中高年男性を一殺(イチコロ)にする言葉は

「こんなの初めて」
だと言ってるのをきいたら、

ますます憂鬱になってきました。

10代とか20代なら、どこに行っても何を見ても何をされても初めてのことだらけですから、

「こんなの初めて」
というのは嘘でも何でもなくまぎれもない事実だから、心からこの台詞を言えましたが、

30も40も過ぎて、ましてや60も過ぎて「こんなの初めて」なんて全然ないに決まってるのに、

そんなのに騙される中高年男性っているのだろうか、いたら馬鹿すぎる。

私がもしも今のこの年(アラフィフ)で結婚相談所に行き誰かと出会って

何かしてもらって感謝したとしても、内心前にも同じことしてもらったことある、もっといいこともたくさんしてもらったことがあるという思いが底にあって、

昔の若い女の時に、本当に心から
「こんなの初めて」
と素直に感激したのと同じ表情は絶対につくれないですね。

もしも、その言い方が本当らしく聞こえたら、それは嘘でしかないですから。

おじいさんたち、悪い女に騙されないでくださいね。

急いで結婚なんかしないで、もしも金持ちであったとしても実際よりも財産を持ってないふりをしてカネ目当ての女はシャットアウトする気概をぜひとも持っていただきたいです、がんばってくださいね。

神戸の女児の事件を悲しむ、防犯カメラの設置とGPS機能。 [事件]

もう何日も行方不明であった神戸の女児が遺体となって発見されました。

とても悲しく残念です。

ここしばらく誘拐されても生存された状態で発見されて無事に家族のもとに戻ることができた女児の事件が連続していたので、

この6歳の生田美玲(いくたみれい)ちゃんも同様に生きて帰ってほしいと願っていましたが、最悪な事実に心底震えています。

日本は安全な国だとよく言われますが、このような事件が後を絶たない現在の日本はどうなのでしょうか?

もはや全国津々浦々が防犯カメラでいっぱいになってほしいとさえ思ってしまいます。

街角、道、お店や建物の前、死角となるべき場をつくらずにあちらこちら防犯カメラを設置といったら

プライバシーの侵害と解釈する人もいるかもしれませんが、それよりも子供が命を落とさない方がずっとよいです。

犯罪や何か都合が悪いことをする人、しようとしている人にとっては防犯カメラは怖いものでしょうが、普通の市民にとっては市民の安全な生活が守られて欲しいし犯罪加害者になりえない人にとっては防犯カメラに自分が映っても困ることもないですし。

幼い子が日が暮れる前の時間にひとり歩きをするのでさえ犯罪の被害者になってしまう世の中は本当に嫌なものですが、今回のようなことがあってからでは遅いのです。

防犯カメラをそんなにたくさん設置するには莫大な費用がかかりますが、子供の安全にはかえられませんもの。

昨夜子供の遺体が見つかり、今日になってそれが生田美玲ちゃんのものであると分かり、そして同日のうちに遺体を遺棄した容疑で47歳の男が逮捕と急展開です。

犯人らしき人(おそらく犯人だと思いますが)の逮捕があり、近隣の人は安堵もしていることでしょうが、こんな男は氷山の一角で、まだまだ同種の人間が日本中にいるように思えてなりません。

小さな子供、特に女の子と両親にとっては気が休まらない世の中がすぐに改善されることは絶対にありませんので、今後も引き続き用心に用心を重ねて生活していかないといけないですよね。

子供、特に幼稚園以下、小学校低学年の頃の子供というものは親が知らない人と話をするなと口をすっぱくして教えても、相手が見た目が優しそうであったり怖くないよさげな人であるとすぐに心を開いてしまう、純真であるというのを、

私は自分の子が幼い時に見て感じさせられました。

ですので、今リアルに小さい子を持つ親御さんは子供用携帯をもたせるか否かというのは別にして、GPS機能が付いているものを子供本人にもわからないようにして子供の服やらバッグなどに仕込ませる、

子供への教育と、極力一人で出歩かせないということと同時に、子供の所在地を常に把握できるようにすること、

これくらいが今私が精一杯考えてみた対処方法です。

携帯にGPS機能がついていても悪者が破壊して処分してしまうのは当然予想されることなので、子供にも不心得の大人にもそれと気づかれないものにGPS機能がついていてほしいです。

今、こんなことをせっせと言っていても

生田美玲ちゃんの命は二度とかえらない、本人の無念や親御さんの気持ちを考えると胸がつぶれそうです。

せめてこのような事はもう起こらない欲しいと、心から願います。

盲導犬が刺された事件、器物損壊罪ではない、傷害罪だ! [事件]

盲導犬として頑張っているラブラドールレトリバー「オスカー」が襲われた。

何者かにお腹にフォークを突き刺されたのだ。

飼い主は目の不自由な方なので職場に到着して同僚に、
「怪我をしている」
と言わるまで気付かなかった。

オスカーくんは怪我をして痛いのに少しも騒がず、自分を傷つけた相手に対して反撃をする事もなく、飼い主をいつもどおりにきちんと、職場まで誘導したのだ。

目が不自由な方になりかわって、自分の役割を果たそうと懸命に頑張っている動物への虐待、許せない、腹が立つ。

これが人間相手であれば傷害罪になるのだが、オスカーが犬であるということで器物損壊罪にしかならないとテレビでキャスターが話してた。

何ということだ、そんな軽い罰則はおかしい。

早く犯人がつかまってほしい。

罪のない健気な犬を怪我させた、オスカーが受けた同じ痛みを、そいつも受けるべきだ、憎い。

オスカーがかわいそうだ。

そんなことを力説していたら、家人に犬がキライ(私は犬恐怖症)なのに、犬に同情するときもあるんだねと指摘された。

確かに私は犬が苦手な方だ。

そばを通り掛かっただけなのに飛びかかろうとして威嚇的にほえてくる犬が怖くて仕方がない、飼い主が抑えてくれるからいいけど、いなかったらと思うと心底震えが来ます、

どんな小さい犬でも鋭い歯を持ってるし、今にも噛みつかれるのではないかと恐怖をよく感じる。

お化けが怖いという人でも犬は平気らしくしてるのが私には謎です、私はお化けよりも犬が怖い、霊感体質ではないからお化けがいても気づかない、知らぬが仏です。

でも、犬が怖くて苦手だからといって、犬を怪我させたようとか、攻撃を加えようとは全く思いませんもの。

犬は苦手で、極力接触をしないように気を使って生活してますが、

盲導犬が駅や電車にいることもあるから、思いがけなく近くにいたりもしてドキッとはしますが、

犬ながら、大人しく賢そうに飼い主の足元にいるのを見ると、自分の使命を忠実に遂行している姿に尊敬の気持ちでいっぱいになる。

今回の、オスカーに危害を加えた犯人が憎い、早くつかまりますように。

小5女児を妻とは…、安心出来ない世の中での子育ては、用心につぐ用心しかしなければいけないの…。 [事件]

倉敷の小学5年の女の子が無事に発見されたこと、本当によかったです。

ご家族の心配と心労と、本人がおちいっている苦境を思うと、いてもたってもいられませんでした。

女の子の無事を祈りつつ、もしかしたら…と最悪の想像が後から後から浮んできて、他人の自分でさえ足元が崩れそうな気持ちになりましたから、

ご家族はその何倍も何十倍も不安であろう、絶望をはらいのけて希望を持とうと必死なのだろうと。

女の子が無事に発見されご家族と再会できたことは本当に喜ばしい。

体が怪我をせず無事であることもよかった、しかし心に負ったであろう傷はすぐにはいえないであろう、あたりまえだけど。

犯人の49歳の男。

容姿のかわいい女の子をつけねらい、誘拐監禁し、自分好みの女の子に調教して18歳になったら結婚したかっとは、あまりの身勝手さは、呆れるばかりだ。

人を何だと思っているのだ。

かぶとむしを捕獲して自分の虫カゴに入れるがごとくに、人間を拉致するとは。

年齢も本来なら分別盛りのはずなのに。

私はこの男と同世代だ。

しかし、何という奴だ。

女にもろくでもないのもいるが、

しかし小学5年の男児を誘拐監禁して自分好みの男に育てて後に結婚しようなんて、女はまずいないだろう。

今回の事件で母親がナンバープレートを記憶していたり、母親や近所の人が車を目撃したりと、犯人逮捕のきっかけがあり本当によかった。

もしも発見逮捕されずに何年も監禁されるという、おぞましいことになっていたらと思うと背筋が凍ってしまう。

それにしても、小学5年の女の子が日がまだ暮れてもいない下校時間でさえ危険な世の中であるとは…。

女の子を持つ親はどうしたらいいのだ?

特に容姿のいい子は狙われる。

この倉敷の女の子の写真はとても可愛い、大人になったら美人になることだろう。

このような非道な犯罪が白昼堂々と行われる今の世の中は、性善説ではなく、性悪説で用心につぐ用心で、先を読み危険をさけるしかないだろう。

この小5女児も子供用携帯を持たされていた、子を心配する親の配慮だ。

防犯カメラの増設を増やすということと、携帯以外のもの、子ども本人も気がつかないところにGPSを仕込んでいくとか…。

親の宝、世の宝の、子どもを守るためには、安心せずに用心につぐ用心をしないといけないのだろう、憂鬱だが仕方がない。

モンスターを育ててしまったら [事件]

パソコン遠隔操作で逮捕された片山という男…、好きなアイドルと同じ名字なのがちょっと気になります。

私が好きなアイドルは、もうすぐAKB48を卒業する片山陽加という名前です、逮捕された男とはもちろん無関係です。

片山という男は父を早くに亡くし、母一人子一人であるようですね。

600万円の保釈金を捻出してくれたというのだから、片山の母は息子の無罪を信じていたのでしょうね。

片山に同情する気持ちには全くなれませんが、片山の母には同情してしまいます。

つい数日前に起こったAKBの事件で逮捕された梅田という男、AKBのなら誰でもよかったなどどキチガイじみたことを言い、謝罪も何もしてないって、こいつもモンスターですね。

かわいい我が子がモンスターになってしまったら、小さい時から天塩にかけて育ててきたのに…。

育て方が悪かったと言われることもあると思いますが、極悪な親に育てられても真人間に育つ人もたくさんいますしね。

本人の資質なのでしょうかね。

自分の子供がモンスターになったらと思うと怖いです。

男女差別するわけではないですが、やはり男の子の方が恐ろしい。

優しい心を育てなければ。

暴力を嫌う心を育てなくては。

こういうことに関しては人の力や努力だけでは難しいと思います。

宗教的なことを言いますが、神様にしか不可能だと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。