So-net無料ブログ作成
検索選択
山村美紗と西村京太郎 ブログトップ

京都の女性というだけで、京都案内しなきゃいけないものなの?山村美紗さん [山村美紗と西村京太郎]

西村京太郎さんが、山村美紗さんに捧げた自伝的小説、「女流作家」を読みました。

私が山村美紗さんへの興味が再燃したのは、先日見たミステリードラマで山村美紗さんのお嬢さんである山村紅葉さんを見たのがきっかけでした。

私は、山村美紗さんと西村京太郎さんのことを語ろうとする者としては異端のもので、実は二人の小説をこれまでに一冊も読んだことがない人間なんです。

と言ったら、呆れる方が多いでしょうかね?


でも、本の虫である私も一応は二人の著書を手にしたことはあるのですよ。

題名は覚えてないのですが、どちらの本も図書館で借りてきまして読もうとはしたのです。

読もうとした理由は実に単純で、両名とも本をたくさん出されえいるので、それだけ世に必要とされている、つまり面白いのだろうな、では読もう!と思ったからです。


が、残念なことに私がお二人のたくさんの本の中から適当に選んだ本が自分の好みには合わずに、正直あまり面白いとは感じられなかったのです。

私の読み方なり、感受性なりに問題があったのかもしれませんし、たくさんある著書の中で比較的合わない本をたまたまチョイスしてしまったのかもしれません。

お二人の小説とは、残念だけど、相性が合わなかったということで、それっきりになっていました。


というわけで、ファンも多くドラマ化もされていて面白いはずの西村作品にも、山村作品にも縁がなく今まで過ごしてきてしまいました。


ところが、山村美紗さんの小説は読めなかったものの、山村美紗さんのエッセイ本の中でとびきり気に入ってずっと読み込んでいた一冊がありまして、

その本とは
美紗の恋愛推理学―友だちより“いい彼”をつかまえる法 (新潮文庫)
という本で、ちょっと本屋のレジに持っていくのが恥ずかしくなるタイトルの本なのですが、どうにかこうにか購入して読みこみましたら、

こちらはとても私の好みに合い、長年持ち続けてるお気に入りとなったのでした。


この本の初版は、昭和60年(古い…)で、大昔未婚の若い娘であった私は

友だちよりいい彼をつかまえたいというところにピピッと来て購入したような気もしますが(昔過ぎて記憶が薄い…)


自分がこの本で気に入ったところは、恋愛についての箇所よりも

「子育て推理学」のすすめという箇所でした。

中学の教師の経験もある山村美紗さんの子育ては実にユニークで型破りで面白くて、当時未婚で子供もいなかったの私なのに、将来の子育てに山村美紗さんの手法を取り入れてみたいとまで思わされたのですよ、このことについてはまたいつかに是非書いてみたいですね。


その他、子供がいじめられている場合の親の対処法のとこに、学校の時にいじめられっ子であった自分の心はしっかりとキャッチされてしまったのですね。

私は昔の金八先生のドラマに出てきたセリフで忘れられないものがあるのですが、それは
「いじめっこにも問題があるが、いじめられてる子にも問題がある」
というもの。一字一句この通りの言葉ではないかもしれませんが、私はこういうニュアンスで受け止めました。

これを聞いた時のショックは忘れられず、長いこと私の心の傷として残ったのです。


一方、山村美紗さんの書かれた内容は、上記のいじめられっ子にも問題がある的な冷淡なセリフとは真逆のもので、私は凄く心を打たれました。このことについても後日詳しく書いてみたいと思っています。

そんな経緯があり、山村美紗さんの小説は一冊も読まず、ドラマも見たことはなくても、

上記のエッセイ本にがっちりハートを掴まれて、私はずっと山村美紗さんに好感をもちつづけてきたというわけです。


ふぅ~っ、ちょっと美紗の恋愛推理学―友だちより“いい彼”をつかまえる法 (新潮文庫)について書き過ぎちゃいました、

今回取り上げたいのはこっちのの方です。

江本夏子という、山村美紗さんの設定をそのまま体現しているヒロインは当然京都の女性なのですが、

この小説の中で
「京都に行くから、京都の案内をお願いしますよ」
と何人もの人から依頼を受け、実際に案内をするという場面が何度も出てくるのですよ。

案内を依頼したのは全員作家で、男で、夏子と親しいというわけでもなく、

会ったのは一度きり、会話も一言か二言で大して話してない程度の関係なのに

「京都の案内をしてください」
と、夏子に依頼をしてくるのです。
kyoto1
そのたびに私は首をひねり、この人達(京都案内を頼む人たち)図々しいな~とつぶやいていました。


夏子に女性として好印象を持つ、だからお近づきにと思い、京都を訪ねるのみならず、ストレートに京都案内を頼むって、かなり厚かましくないですかね?


しかもですよ、皆
「夏子さんは京都の女性だから、着物で来てほしいな」
とまでおねだりをするんですよ、これにも驚きです。

夏子がモテる女性だからということもあるのでしょうけどね。


私は生まれも育ちもずっと東京なのですが、もしも自分が夏子みたいな美人の作家で男性作家に好感を持たれる女性だったとしたらと、かなり無理な設定で考えてみたのですが

「美波さんは東京の女性だから、東京の案内をしてくれませんか」
などと依頼されたら、

はぁ?私がですかという反応しかできないと思います。


私、東京の人間ですけど、東京タワーすら一度も上ったことないですよ、どこ案内すればいいんですかね?皇居とか、銀座?

それに案内するにしても、一言しか話したことがないよく知らない男の人を、私一人で東京案内って滅茶苦茶気が重いんですけど、

それから私には執筆活動がありますので時間の方がそのぅ…、

残念ですが他の方にお願いしてみてください、誰もいなかったら有料で観光案内の方に頼んでみたらいかがですか?


こんなふうになりますかね、こんなだと私は誰からも好感を持たれず、ロマンスも始まりようもないですけどね。


しかし夏子さんは困惑しつつも快く引き受けて京都の案内をやってのけるのですよ。

ま、相手はよく知らない男性とはいえ、同業の作家さんで先輩という事情もあり、後輩作家としては断りづらいということもあるでしょうが。

だけど同業の作家さんであればたとえ後輩とはいえ別の作家の執筆活動の時間を邪魔しては迷惑ということは十分にわかるわけで、観光案内などは別の人に頼めばいいように思うのですが、

何故か皆さん、夏子さんに遠慮無く依頼しちゃうんですよね。

その裏には女性としての興味を持たれているということももちろんあるのでしょうが。


山村美紗さん、夏子さんと違って、女性としての興味を持たれないモテない東京の女流作家美波さん(架空)では土俵が違うのでしょうかね。


そして、皆さん着物の着用をおねだりって、これもまた図々しくないですか?


人に和装って手間のかかることを頼むなら、頼んだ本人自分も着物を着てきやがれ、そんなことを本につぶやいている私、モテない女の考えってこういうものかね?

夏子さんは着物の着用も快く引き受けてます、さすがです。

山村美紗さんも夏子さん同様、快く京都案内を引き受けられていたのかしら?そして着物も快く着てあげいたのかしら?

この本を読んでからはそんなことが頭をぐるぐる回っています。

これ以外も凄く面白いところがたくさんありました、興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

山村美紗と西村京太郎、2人の関係は?家は隣同士、やはり男と女? [山村美紗と西村京太郎]

こんにちは!美波です。


このブログで一回、山村美紗さんと紅葉さん母娘を取り上げたことがあるのですが、


西村京太郎さんは、山村美紗さんの作家仲間で家は隣同士、

二人は友人なのか?

それとも恋人愛人なのか、

有名作家二人のミステリアスな関係に興味をつのらせた私はとうとうこんな本まで買って読了してしまいました、


今回は山村美紗さんと西村京太郎さんお二人のことについてお話していきたいと思います。
hon.jpg
読了後にブログに書こうと考えてたのでふせん貼りまくり。

とても面白かったです。


さて、気になる二人の関係は?

二人は恋愛関係にあったのか?

この本を読むかぎりでは、私にはYesの解釈しかできませぬ。


小説だからフィクションであるともとれますが、ご覧のとおり本の帯に

「山村美紗さんに本書を捧げる。 西村京太郎」と明記してあり、

「一人の女流作家の真実の姿を描く、自伝的小説」とまで書いてあるんですもの。


実名でこそないものの、夏子と矢木という名で小説に出てくる主役二人の設定がずばり山村美紗さんと西村京太郎さんそのままなんですよ。


本の中にこういう会話が出てきます。
「(前略)彼は作家だから、あなたをモデルにして大げさに書くと思うわ」

「作家って、あることないこと書くものなの(後略)」

「(前略)活字のちからは恐ろしいの。あなたのいうことより、彼が書いた活字の方を、みんな信じるの。活字の暴力ね。(後略)」


何だか、西村京太郎さん自身が読者を牽制しているような印象のセリフですね。

あること、ないこと書くぞと。



えっこれってフィクションなんですか?

だけど、そうなら山村美紗さんに捧げるって一文はいらないはずだし、真実の姿を描く自伝的小説なんて紹介もしなくていいのでは。


ということで、私は西村京太郎さんの書いた活字を信じちゃいます、活字に殴られた一読者として。



まさか、ここに出てくる山村美紗さんと西村京太郎さんをほうふつとさせる夏子と矢木の関係がまるっきりフィクションというのなら、

本書に出てくるような男女の関係が西村さん一人の創作でしかなく、山村美紗さんと西村京太郎さん二人が本当にただの友人同士でしかなかったというのが事実であるのなら、


西村京太郎さんは、山村美紗さんの娘の紅葉さんに訴えられかねない内容ですよ。


二人の関係は、

男女の関係もあり、

仕事の先輩後輩同士であり、

同じ作家仲間であり、

親戚同士のような親しい友人関係を長く続けつつ

結婚してはいないものの長年連れ添った夫婦にも似た心情が長年(30年くらい)の間に形成されていく、

他人同士としてはありえないくらい親密なつきあいであったのだという解釈しか、私にはできませんでした。


小説の中で、人妻である夏子(夫とは長期にわたって別居中で夫婦の意識も希薄になっている)が、独身の矢木を誘って、衝動的に京都から沖縄に飛び、二人きりで二週間を過ごすという場面がありました。


私は読みながら、山村美紗さんには二人の子供さんがいるのにそんなに家を空けれるものだろうか?と疑問を持ちました。

小説の設定では夏子には子供はいません。


ところが、読了後に本書の扉を開いたすぐに「32歳の頃の山村美紗氏。沖縄でのスナップ」と説明付きの写真があるのに気が付きました。
honshasin.jpg


あら~、山村美紗さんは夏子と同様に32歳で実際に沖縄に行ってたんだ、つまりはやはり本当の話なんじゃないのって私は思ったわけです。


山村美紗さんと西村京太郎さんの関係の真実を正確に知り得るのは、山村美紗さんはもう亡くなっているので、西村京太郎さんただ一人。

私たち読者は推測することしかできませんが、この「女流作家」を読んだ限りでは、やはり男女の関係だったのだという思わされてしまいます。


このヒロインの夏子さんは凄く周囲の人に影響力があるというか、万能感のある女性で、何故か皆が皆夏子さんに都合よく行動してくれるんです、物凄く周囲は夏子さんに気を使いつつ魅了されてしまう、華やかで魅力的で気性の激しい女性の動向を目と心で追いながら、

山村美紗さんはこういう女性であったのかなと想像しながら読ませてもらいました。

西村京太郎さんとの関係がたとえ不倫のものであったとしても、責めを受けるどころか、西村さんに山村さんは絶対に必要な人なのだ、これが自然な姿なのだと、周囲(娘の紅葉さんも含めて)にそう思わせてしまうだけの性格的に力量がある人だったのではないでしょうか。


そんなことを私は感じました。


西村京太郎さんの文章はとても読みやすく、水を飲むかのように、本の内容が容易に入りどんどん読み進めてくることができました。


夏子さんに凄く魅力があり、二人の関係性も凄く面白く、上の写真どおりにふせんをはりまくりです。


今回はこの辺で記事を終えますが、しばらく「女流作家」をこのブログで書き続けて行きたいと思います、よかったら読んでみてくださいね。








山村美紗と西村京太郎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。