So-net無料ブログ作成

受験生の母の私、韓国人でなくてよかった。

うちの子は今高校三年生なので、私は受験生の母なのですが、

最近、韓国の大学受験の状況をネットで見て、ああ日本人でよかったと胸をなでおろしています。

私が何故こんなことを言っているかというと、
http://www.konest.com/contents/korean_life_detail.html?id=424
を見たからです。

もしかしたらここで取り扱っている大学とは、日本でいう東大のようなトップレベルの大学での受験状況のことで、もっとレベルの下の大学を受ける人たちはこんなに大騒ぎをしないのかもしれないけれども。

11月に日本でいうセンター試験にあたる試験があり
“全ての韓国人にとってスヌン受験日は、将来の人生を決定する一日”とまで言われているほど、人生において大事な1日。この日は、まさに国をあげて受験生をサポートする、ビッグイベントなのである。

なんて書いてあるのですもの。

毎年大学受験というのが行われていて、ですが受験生や家族などには一大事であるのはもちろんですが、

部外者にとってはそんなの蚊帳の外でしかなかった受験が

韓国では国を上げて受験生をサポートするビッグイベントなんて話をきくと、凄く息苦しい、いたたまれない思いがしてきて、

自分も子供も韓国人でなくて本当によかったと心底思いました。

子供の受験日に大学まで押し寄せて校門の外に陣取って涙ながらに子供の合格を祈り続ける母とか、気持ちはわかりますがそんなの人知れず家で祈りゃいいのにって思う。

子供が答案の回答に正解を出せるか心配で心配で涙を流して門の前に立ち尽くしていても、子供のかわりに解いてあげれるわけではないのに。

朝、受験生たちが門を通るときには、先輩の応援に来た後輩たちが歌をうたったり「がんばれ!」とプラカードを掲げたり、チャンゴ(太鼓?)を叩いてお祭り騒ぎをするそうです、

先輩をネタに騒ぐな馬鹿め、そんなどんちゃん騒ぎをするより、来年の自分の受験に備えて自宅で勉学する方が絶対に合格に役立つと何故思わないって、

日本人のかぁちゃんの私は言いたくなります。

時間に遅れそうな受験生にはパトカーやバイクがサービスで乗せてくれるというのも?です。

パトカーはともかく、生身の体をむき出しにして時速40キロ以上の速度で車道に置かせるなんて、

うちのかわいい子供に何かあったらと想像するだけでガタブル体が震えます、無理無理っ。

日本の受験の方がいいです、

子供や、私は校門の外からではなく自宅であなたの合格を祈念します、そして電車で受験大学へ行かせますよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

神戸の女児の事件を悲しむ、防犯カメラの設置とGPS機能。 [事件]

もう何日も行方不明であった神戸の女児が遺体となって発見されました。

とても悲しく残念です。

ここしばらく誘拐されても生存された状態で発見されて無事に家族のもとに戻ることができた女児の事件が連続していたので、

この6歳の生田美玲(いくたみれい)ちゃんも同様に生きて帰ってほしいと願っていましたが、最悪な事実に心底震えています。

日本は安全な国だとよく言われますが、このような事件が後を絶たない現在の日本はどうなのでしょうか?

もはや全国津々浦々が防犯カメラでいっぱいになってほしいとさえ思ってしまいます。

街角、道、お店や建物の前、死角となるべき場をつくらずにあちらこちら防犯カメラを設置といったら

プライバシーの侵害と解釈する人もいるかもしれませんが、それよりも子供が命を落とさない方がずっとよいです。

犯罪や何か都合が悪いことをする人、しようとしている人にとっては防犯カメラは怖いものでしょうが、普通の市民にとっては市民の安全な生活が守られて欲しいし犯罪加害者になりえない人にとっては防犯カメラに自分が映っても困ることもないですし。

幼い子が日が暮れる前の時間にひとり歩きをするのでさえ犯罪の被害者になってしまう世の中は本当に嫌なものですが、今回のようなことがあってからでは遅いのです。

防犯カメラをそんなにたくさん設置するには莫大な費用がかかりますが、子供の安全にはかえられませんもの。

昨夜子供の遺体が見つかり、今日になってそれが生田美玲ちゃんのものであると分かり、そして同日のうちに遺体を遺棄した容疑で47歳の男が逮捕と急展開です。

犯人らしき人(おそらく犯人だと思いますが)の逮捕があり、近隣の人は安堵もしていることでしょうが、こんな男は氷山の一角で、まだまだ同種の人間が日本中にいるように思えてなりません。

小さな子供、特に女の子と両親にとっては気が休まらない世の中がすぐに改善されることは絶対にありませんので、今後も引き続き用心に用心を重ねて生活していかないといけないですよね。

子供、特に幼稚園以下、小学校低学年の頃の子供というものは親が知らない人と話をするなと口をすっぱくして教えても、相手が見た目が優しそうであったり怖くないよさげな人であるとすぐに心を開いてしまう、純真であるというのを、

私は自分の子が幼い時に見て感じさせられました。

ですので、今リアルに小さい子を持つ親御さんは子供用携帯をもたせるか否かというのは別にして、GPS機能が付いているものを子供本人にもわからないようにして子供の服やらバッグなどに仕込ませる、

子供への教育と、極力一人で出歩かせないということと同時に、子供の所在地を常に把握できるようにすること、

これくらいが今私が精一杯考えてみた対処方法です。

携帯にGPS機能がついていても悪者が破壊して処分してしまうのは当然予想されることなので、子供にも不心得の大人にもそれと気づかれないものにGPS機能がついていてほしいです。

今、こんなことをせっせと言っていても

生田美玲ちゃんの命は二度とかえらない、本人の無念や親御さんの気持ちを考えると胸がつぶれそうです。

せめてこのような事はもう起こらない欲しいと、心から願います。

ASUKA被告と愛人の栩内被告、二人とも何だかね。。。 [芸能人]

ASUKA(本名宮崎茂明)被告(56)被告の愛人、栩内香澄美(とちないかすみ)被告(37)の第二回公判が、昨日9月10日に東京地裁でありましたね。

第一回公判と同様に無罪を主張し続け、

第一回では第三者に覚醒剤を体内に入れられた可能性があると主張していたのを、二回目には「宮崎さん」ASUKA被告と断定したのですが、

栩内被告は何ともしぶといですね。

こんなにも無罪の主張を継続して譲らないというのは、本当に無罪でしかないからそうとしか言えないから?

それとも…。
asukag1.jpg

ASUKA被告は自身の覚醒剤の使用は認めているけれども栩内被告は違うと言っている、栩内被告が知らないうちに食べ物や飲み物に入れるといった卑怯なことはしてないとも明言してますね。

そして栩内被告のことを「大切な人です」とも。

愛人を大切な人と呼ぶのはASUKA被告の愛のあらわれのようですが、夫を子供とともに支えていくと言ってくれた奥さんに対しては裏切りですよね。

そして愛人を持ち続けるという行為そのものが夫として卑怯なことなので、そんなことをしでかした人が
「卑怯なことはしない」
と言っても説得力ないな。

ASUKA被告に厳しいことを思ってしまうけど、歌手としてのASUKAには私も世間の皆さんと同じく好意をもちつづけてきましたよ。

その好意が音をたてて崩れてくよ。

だって、栩内被告以外にも愛人がいてその人とは一緒に覚醒剤をしたとも言ってるしね。

妻には不実でも愛人には真実かと思いきや、愛人が一人だけでないときくとそういうわけでもなさそうだし。

栩内被告は不倫はしても覚醒剤はしてないと主張し続けてる、それなのに毛髪検査が陽性。

だけど検査の方が間違ってる、検査が間違っていないならば第三者に体内に入れられた、その第三者はASUKAであると。

二人の交際は6年くらい続いていたそうだ。

とすると、ASUKA被告は50歳から56歳まで、栩内被告は31歳から37歳までの年月をつきあってるわけよね。

栩内被告には結婚願望であるとか、もっと後ろめたさのない真っ当な恋愛をしたいという願いはなかったのだろうか、それともASUKAの妻になれるとでも思っていたのだろうか。

私なら嫌だ。

相手がどんなに著名な芸能人だろうか何だろうが、自分がまだ30を過ぎたばかりで若いのに、そんな50過ぎの妻帯者と長年交際するなんてまっぴらだ、そんな人に自分の時間や若さをあげ続けるなんて絶対に嫌だ。

そんなに私と一緒にいたいというなら、妻と正式に別れて出直して来いと言ってやりたくなる。

ASUKA被告もASUKA被告だ、相手はまだ未婚で若い、その相手の何もかもを年長の自分が長年独占し続けるのは控えるべきだと何故思わない、

たとえ一時の恋愛に溺れたとしても、相手の将来的な幸せのために、自分は辛くても身をひけるような人であったら

ASUKAさんの歌とイメージがぴったりになるのにって思う。

私は無理なことを言ってるだろうか?理想主義すぎるだろうか?

でも世間的に著名で影響力を多く持つ人であるのだから身を慎んで欲しいと思ってしまいます。

公判の内容を見ていると、

栩内被告はASUKA被告の子を妊娠してもおかしくない印象を受ける、そんなことが絶対にないといえるだろうか。

栩内被告が自身がいう通り無罪であるのかないのかわかりませんが、

ASUKA被告も栩内被告も二人共何だかな~という感じですね。

http://topics.jp.msn.com/entertainment/general/article.aspx?articleid=5764592


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。